宮﨑エイジのブログ

宮﨑エイジのホームページはこちらをクリック!!

人はどういう風に物が見えているんだろう?(視野について学ぼう)ビジョントレーニング

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kizukismile 宮﨑英治 / 東京・神奈川・埼玉・千葉・全国で活動しています。ビジョントレーナー、ボディートーク施術士、カイロプラクター、臨床心理学修士の肩書きを持ち、様々なアプローチを駆使しながらあなたのココロとカラダを笑顔にします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

「ココロとカラダを笑顔にする」 ビジョントレーニングトレーナー

のエイジです!

鎌倉市材木座を拠点として、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県を中心に飛び回っています。

(全国で講師活動もしています!)

今回は「視野」についてお話ししますね。

視野とは

「〇〇選手は視野が広いですね!!」

なんて、たまにスポーツの試合の解説で聞いたことはありませんか?

視野とは、簡単に言うと「眼を動かさないで見える範囲」の事を言います。

「眼を動かさずに知覚できる周辺視の範囲。正確に測るには視野計を用い、視線と視野周辺のなす角度で視野の大きさを表す。」
(広辞苑 第5版より引用)

視野の範囲

眼を動かさずに見る一点の事を「固定点」といって、人はその固定点から片目で

上方向に約60度

下方向に約70度

耳の方向に約100度

鼻の方向に約60度

の角度で見えると言われているんです。

自分で書いてみました。手作り感満載ですみません (笑)

上下の視野です。

左右の視野。

鏡を見ているイメージで見てくださいね。

画面左側が耳の方(100度の方ですね)

画面右側が鼻の方(60度の方です)

結構広範囲に見えている感じがしますよね。

中心視と周辺視野

この視野の角度

実は、全部の角度で鮮明に見えてるわけじゃなくて、

すごく見えている範囲と、ぼやっとしか見えていない範囲があるんです。

これは上から見た図です。

人の両目での視野は、左右で約200度、上下で約130度あるのですが、遠くにいる人の顔を識別したりすることができるのはわずか1.5度四方しかないんです!!

このわずかに良く見える所の事を、「中心視」と呼んでいます。

ちなみに色を識別できる範囲は、ピンクの部分の左右約70度の所です。

それより広くなってくると、色まで識別できなくなってくるんです。

左右約200度、上下約70度の視野の内、良く見えているのは約1.5しかないなんて、ビックリですよね。

そして、この視野の中でも感度の高い「中心視」で見る能力の事を「視力」と呼んでいます。

視力検査って、実はこの部分だけを測っているんですね!

中心視野で見えている範囲以外では、実はそれほど鮮明には見えていなくて、ぼんやり見えているという感じですね。

見え方はこんなイメージです(アバウトですが)

背番号12番の選手を中心視で見ていて、それ以外(審判とか相手チームの選手とか)はぼんやり周辺視野でみている感じ。

このぼんやりしか見えていない範囲の事を「周辺視野」と呼んでいます。

スポーツのパフォーマンスでも、日常生活でも、実はこの周辺視野の使い方が重要になってきます。

中心視野周辺視野の両方をバランスよく使い、様々な状況に対応していく事が大切なんですね。

ビジョントレーニングでは、この「周辺視野」を鍛えるトレーニングも行っています。

「周辺視野」のお話は、また今度ブログでお話ししますね。

それではまた!!

この記事を書いている人 - WRITER -
kizukismile 宮﨑英治 / 東京・神奈川・埼玉・千葉・全国で活動しています。ビジョントレーナー、ボディートーク施術士、カイロプラクター、臨床心理学修士の肩書きを持ち、様々なアプローチを駆使しながらあなたのココロとカラダを笑顔にします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 宮﨑エイジのブログ , 2018 All Rights Reserved.